ミラクリ

鬱から成功するブログ

「コスパ」の意味が分かったので、コッソリ教えよう。

自分が独立してからというもの、「いつ形になるか分からない仕事」に多額のお金と時間を投資したり、取引先との会食でお金をつかったり、会社員のときまではただ「経費」として遣い、とくに意識してなかった「コストパフォーマンス」について深く考えるようになった。

最近は何でも「コスパ」を考えるらしい。

人づきあい、仕事、転職、結婚など、あらゆる場面でこの言葉が使われ、大きな議論になる。

しかし正直言って、どれを読んでも「かけたお金に対する費用対効果」だけに着目したものが多く、何となくしっくりとはこなかった。「何でもお金に換算するのが下品」とは言わないし、むしろ考えぬくことは大事だとぼくも思っている。

でも、「もっと大事なものがある」という気がしていた。

先日手がけた仕事の最中に、「コスパの意味」にふと気付いてしまった。

スポンサーリンク

フリーランスが会社員の延長線上で仕事をすること

先日ある案件で、ブローカー(商社)的な仕事を依頼された。

会社と会社をつなぎ、自分が中間に入ることで取引につなげる仕事だ。

自分が直接なにかを作ったり、直接だれかに売ることはなく、あくまで「企業間取引のつなぎ目」となって、少しのやり取りで「伝票を右から左へ」のような仕事である。

これはうまくやれば”おいしい”

既に取引することが決まっている案件において、自分はつなぎ役となるだけで、リスクを負わずに、初期投資もせず、お金が儲かる。

実際、独立する人が商社的な業種を選ぶことは多い。

多額の資金を必要とせず、リスクも少なく、人づきあいの中でそれなりの売上が見込めるからだ。

普段はあまりこの手の仕事をしないが、知人からの頼みで、知人と知人の会社をつなげる役割を手がけることにした。

同じ仕事をするなら、資源が多く、安定した立場のほうが良い

やってみて気付いた。

「これはコスパが悪い仕事だ」と。

いや、お金は多少なりとも儲かる。

仕事をいただけて、利益になるのもありがたい。

でもコスパは悪い。

なぜなら「会社員でもできる仕事」であれば、会社員としてやったほうが絶対にいいからだ。

資金、人員、時間、対応コストなど、あらゆる面においてフリーランスよりも会社組織のほうが優れているし、月給も保証されている。

人と人をつなげて、「伝票を右から左へ」の仕事が得意な人もいるだろう。

その人たちの感覚からすれば、「コスパが良い」ということになるのかもしれないが、自分にとってはそうではない。

コストパフォーマンスの正体

ここで考えた。

「結局のところ、”コスパ”って何なんだろう?」と。

すると一つの結論がでた。

「その時にしかできないこと」をやること

答えはコレだ。

会社員でもできる仕事なら、会社員としてやったほうが良いし、独立起業したのであれば、その時にしかできないことをやることが最もコスパが良い。

フリーランスが考えたいことは…。

「仮にお金が儲からないとしても、打ち込みたいこと」を中心に組み立てていくべきなんじゃないか。

しっかりとお金を儲けて、人生を謳歌することも大切だ。

それでも「仮にお金が儲からないとしても、打ち込みたいこと」をやることは、フリーランスとしてのコスパが良い。

利益を追求する会社組織において、それを放棄すると居場所がなくなるが、フリーランスであれば最悪でも自分が困るだけであり、何をしようと自由だ。

でも、それだけの熱量で打ち込みたい仕事であれば、換金する方法も必ず考える。

若い人が大事にしたいこと

とくに若い人が大切にしたい考え方は、次のようになる。

  • 思いっきり遊ぶ
  • 激しい運動をする
  • 恋愛を楽しむ
  • あらゆることにチャレンジする
  • 勢いだけで仕事をしてみる
  • 先輩にかわいがってもらう

「若い時だからこそできること」はイッパイある。

ぼくも20代前半は、路上で酒を飲んでクラブに繰り出す…みたいなことをしていたが、今やってしまうと完全に「ヤバい奴」だ。

会社組織では、上層部にたて突いてタメ口で暴言を吐くようなこともあったが、今やったら完全に「干される」。

そして、こうして自分にブレーキをかけることも、歳を重ねた証拠である。

独立・起業した人が意識したいこと

独立起業した人が大切にしたい考え方は、次のとおりだ。

  • 好きな仕事をする
  • やりたいビジネスをする
  • お金と時間を自由に使う
  • 思い通りにお金を稼ぐ
  • 理想的な組織をつくる
  • リスクを負う

これらを中心に組み立てることができなければ、立場と給料が保証された会社員として働いてるほうがよっぽどいい。

これからは、もっともっと「今の立場だからこそできること」を大事にしよう。

それが自分にとって、もっとも「コスパがいい(費用対効果が高い)」のだから。

ミラクリから一言

いちいちコスパを意識してると、手足が止まるしね。

 - フリーランス

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

20代でフリーランスになった男性が実感した「会社員との違い」

    「今度、大阪に行くのでお会いしませんか?」   2年ほどインターネット上だけで親交してきたフリーランスの男性と会うことにな …

「WEBライターは収入が少ない」は本当か?文章で稼いだ20日間の実績を公開

インターネットメディアに文章を投稿する人のことを「WEBライター」と言います。 いつでもどこでも仕事ができるWEBライターは、在宅ワークや副業としても人気です。 …

豊永奈帆子氏の体当たりな生き方:ファッションノマドにドロップキック!

  昨日嬉しい事があったので、今日はちょっとテンション高いです(*´Д`)ハァハァ 最近気になっていた(*注 興味を持っていたの意)女性と、どこで見つ …

本田圭佑:プロフェッショナル仕事の流儀:この世に天才などいない

  サッカー日本代表でACミラン所属の本田圭佑選手が「プロフェッショナル仕事の流儀」に出演されていました。 そこで語ったイタリア移籍の裏側や、苦難の中 …

会社員にも知ってほしい「自分の名前を売る」ことの大事さ:カラテカ・入江氏を見習えば独立してからも困らない!

  ぼくはなぜか「社長」という立場の方に気に入ってもらえる傾向にあります。 会社員のときからそのような立場の方々に「会社の看板で仕事しちゃダメだよ!自 …

自信なんか必要ないし、むしろ無い方がいい。

    「自信がない…」「自信を持てない…」「自信を持つにはどうしたらいいですか?」みたいな相談をよく受けますが、そもそも自信なんて必要なん …

フリーランスが3ヶ月「売上ゼロ」だったらどうなるか? 生々しい現実がコチラです。

    フリーランスとして生きていくことは大変だ。 何か特殊な技能を持ち、最初から大量の仕事をこなしてすぐに法人化…そんな人も存在するのは事 …

VANQUISH代表:石川涼氏の「空気を読まず、時代を創る」考え方がスゴイ!

  メンズファッションブランドの「VANQUISH」を運営する「株式会社せーの」代表の「石川涼」さんがとにかくスゴイので紹介します。  

フリーランスで生き抜く力と、勘違いしやすいこと。

    「フリーランスとして生きる上で、気をつけていることはありますか?」という質問と、「フリーランスで一年ちょっとやってきたぐらいで粋がっ …

no image
仕事がデキる男の魅力は「二面性」に決定! 異論はなしでっ!

    男の魅力として「二面性」ってめちゃくちゃ大事だと思いませんか? 一般的には「二面性=多重人格=裏表がある」というイメージかもしれませ …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です