ミラクリ

鬱から成功するブログ

自信なんか必要ないし、むしろ無い方がいい。

 

自信は必要ない

 

「自信がない…」「自信を持てない…」「自信を持つにはどうしたらいいですか?」みたいな相談をよく受けますが、そもそも自信なんて必要なんですかね?

 

その昔、ぼくも「自信」について研究したことがあり、「一生◯◯な自信の作り方」みたいな本をたくさん読んだこともありましたが、結果的に感じたことは「自信なんか必要ないし、むしろ無い方がいい。」ということでした。

 

少し乱暴に聞こえるかもしれませんが、サッと考えて、サクッと動いてしまった方がスムーズに動くことは多いですし、逆に「自信」に縛られて、頭で考えすぎるような時ほど手詰まりになったりします。

スポンサーリンク

「根拠がなければ踏み出せない」不思議

仕事においてプロジェクトが成功するか?、それを根拠として試算することはありますが、それでも「やってみなきゃ分からない」のが現実です。転職するときに次の会社でうまくやれるか?、それを考えぬいたところで、それでも「行ってみなきゃ分からない」のが現実なんですよ。

 

つまり、そこに時間をかければかけるほど、望んでいる結果からは遠ざかります。

参考:「頭で考える」ことを今すぐ止めよう − 悩んだときほど根拠・論理から自由になれば、直感が解決してくれる。.

 

結局のところ「保証」なんて、どこにも無い

何でもそうですが、結局のところ「保証」なんて、どこにも無いんです。

例えば、今現在の統計で言えばフリーランス・起業家よりも会社員でいた方が安泰だ、みたいなことはありますが、将来的には分からないし、自分が勤めている会社が倒産して路頭に迷うかもしれません。

 

そして、そんなことを考えること自体がムダなんです。

考えぬいて自分なりの結論を導き出す、思考訓練としてはいいですが、それがそのまま現実に当てはまるわけはありません。ふわっとしたことを考えて不安を感じるぐらいなら、自分がやるべきことをやり、趣味を楽しみ、睡眠を取った方がいいんですよ。

参考:もっと安易に起業しよう:頭で考えるほど踏み出せなくなる理由.

 

 

自信とプライドは紙一重

自信とプライドを混同している人も多いです。

自分が傷つきたくない、血を流したくない、失敗したくない、恥をかきたくない、それは全部「プライド」です。

 

ぼくはプライドのような概念もゴミ箱に捨てるべきだと考えていますが、この2つの概念はなかなか厄介です。成功者の格言に感化され、誰かを模倣しようとしたり、メンタルについて考えまくっているような人ほど、プライドだけが肥大し、結果的に行動できなくなります。

参考:年間200冊の自己啓発書を読んだ人が「思考は現実化する」はウソだってよ!?.

 

リアルな経験を見ても感じますが、情報をたくさん取り、読書も大量にして、人脈作りにも余念がない、いわゆる「意識高い系」の人よりも、何も考えず「おもしろそう!」「自分にもできそう!」のような軽やかな足取りでサクッと行動する人の方が、結果を出していくことは多いです。

 

ぼく自身も、頭で考えすぎることが多く、それは事業主としては悪い面も多いですから、できるだけ「感じる」「身体で覚える」ことを中心にするために、日々のメンタルケアを行っています。

参考:コンプレックスに悩む人にお勧めしたい、断食と瞑想が劇的すぎる!.

 

 

何も考えずに行動する人が強い理由

「自信」「プライド」の概念に囚われない人は、何もかもが早いですよ。

 

すぐに行動する

目の前にイチゴがなっていたとき、「おいしそう!」で走りだす人と、「変な農薬つかってたらどうしよう…」と考える人とでは、得られる結果が変わって当然です。

参考:社畜ほど「ブーメラン」を恐れる。むしろ積極的に考え方を変えて、成長すること.

 

経験値が増える

イチゴを食べた結果として、すぐに行動した人はお腹を壊すかもしれません。

その経験によって「道端で見つけた果物には気をつけた方がいい」ということに気づきます。しかし、お腹を壊したのを眺めるだけの人は、「自分が失敗しなくてよかった。バカな奴だ。自分は賢い。」と思うかもしれませんが、「知っていること」と「体験したこと」には信じられないぐらいの差が生まれます。

 

これは、多くの人が考えているよりも溝が深いですよ。

参考:「環境が人を作る」 プロに頭をガツン!と叩かれ、教えてもらったこと。.

 

躊躇なく他人の力を借りられる

最後に、自信やプライドにこだわらない人は、躊躇なく他人の力を借ります。

むしろ「他人の力を借りることにプライドがある」と言うべきかもしれません(笑) 頭を下げることも厭わないし、時には自分が折れて相手に合わせることも厭わない。

 

カッコ悪いと思う人がいるかもしれませんが、「自分のプライド」と「成果へのこだわり」なら、どちらが大事ですかね? 守られた環境にいる人なら自己保身に走ってもいいかもしれませんが、自立している人ほど結果への執着もあるわけですから、躊躇なく後者を選ぶでしょう。

参考:「言い訳」ばかりの人生で良かったこと.

 

 

自信がある、プライドがある、と言えばカッコイイかもしれないけど、そんなことに囚われるぐらいなら、サクッと動いて「他人に自分を拡張してもらう」ぐらいの意識の方が楽ですよ。受け身かもしれないけど、ぼくはこれで心が楽に生きています。

参考:歌舞伎役者が教える:お金を稼ぎたい人がするべき、たった1つの行動.

 

 

ミラクリから一言

これからも、よろしくお願いします!(笑)

 - フリーランス

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

「言い訳」ばかりの人生で良かったこと

    会社を辞める時に疲弊した周囲からの反応ベスト3 ①夢追い人扱いされ無駄に持ち上げられたこと ②配偶者や子供がいなければ自分も辞めたい …

「怒ったことほどお金になる」はあちゅう氏が話す、好きなことを仕事にするメリットに笑った!

  大人気ブログ「はあちゅう主義。」を運営し、他の媒体でも多くの連載を持つ「はあちゅう(伊藤春香)」さんは2014年の10月頃からはフリーで活躍されて …

その道20年以上の作家に聞いた「好きなことを仕事にする」ということ

「大好きなデザインの仕事で食べていきたいのですが、不安ばかり大きくなっています。どうすれば踏み出せるでしょうか?」 こんなメッセージをいただきました。ありがとう …

【フリーランスの仕事の断り方】人間関係を壊さず、上手に断る方法

フリーランスにとって、「仕事の断り方」は悩ましい問題ですよね。 仕事を断ることで、得意先から愛想をつかされたり、次の発注をもらえなくなる可能性があるからです。 …

【フリーランスとは何か?】個人事業主との違いは職種にあった

株式会社や合同会社を設立せず、個人で事業を営む人のことを「個人事業主」と呼びます。 ときには「自営業者」と呼ばれることもありますが、最近では「フリーランス」とい …

「自分探し」の旅から脱出せよ(前編)|紀里谷和明、蜷川実花

  「自分探し」という言葉が流行しています。「自分らしく」あるために「本来の自分を探す」というもので、自分はそこに存在するのに「別の自分を探す」という …

【プロの凄さ】KREVAの即興ラップに愛がありすぎて泣ける

  ラップに乗せて相手をディスることで対決をする「フリースタイルバトル」はHIPHOPの文化ですが、映画「8mile(2002年)」でもそんなシーンが …

【フリーランス】売上ゼロ・月収ゼロになったときのリアルな体験談

フリーランス(個人事業主)として生きていくのは、大変です。 会社員なら、仕事量の多い少ないに関わらず給料をもらえますが、フリーランスはそうはいきません。 何らか …

【フリーランスになるメリット・デメリット】会社員との違いも解説

会社に属さず、好きな仕事を手がける人のことを「フリーランス」と呼びます。 フリーランスには、仕事量や報酬を自分で決められるメリットがあるものの、収入が不安定にな …

チームラボ:猪子寿之の極論(後編) この世に天才はいない!

  番組名:TOKYO DESIGNERS WEEK 放送局:日本テレビ 司会:茂木健一郎(@kenichiromogi)、清川あさみ(HP) ゲスト …

Comment

  1. 自信のない人 より:

    何も考えず「おもしろそう!」「自分にもできそう!」というのが自信ですよ。
    プライドは必要ないという内容の記事でした。
    結論としては、自信は必要ですね…

  2. ななし より:

    自信やプライドや誇りを考えたり周りに吠えたりする暇があるなら一歩前に踏み出せよと思う。
    必要ないとは言わないけど自分の成長の妨げになっているなら害でしかない。
    それで同期を置いてきたから確信はある。
    ベジータがいい見本。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です