あなたは大丈夫!? コミュ障がよく使う言葉15選

 

人間社会で生きていると「コミュニケーション能力」は必要なスキルです。

現代では人とのコミュニケーションがあまりうまくない人を「コミュ障」と呼びますが、その人たちにはどんな特徴があるのでしょうか。

スポンサーリンク

コミュ障がよく使う言葉15選

「わかる」

「それな」

「どっちでもいいよ」

「まかせる」

「どうしよう」

「まだきめてない」

「あっ」

「えっとー」

「うーんと」

「なんか」

「たぶん」

「まじか」

「やばい」

「ウケる」

「ワロタ」

※3つ以上当てはまったらあなたはコミュ障

 

引用元: コミュ障が治らない on Twitter.

 

とくに根拠のあるものではなく、感覚的なものでしょうが、なぜかうなずけます(笑)

 

コミュ障

 

ぼくは「なんか」「えっとー」の2個だけなのでセーフかな。

ただし現代ではコミュ障であっても、他のコミュニケーション手段がいくらでもあるので、そこまで気にすることでもありませんよ。

参考:うつ病(鬱)になりやすい人の性格:8つの共通点

 

 

今回のミラクリ:未来へのヒント

・人間社会ではコミュニケーション能力も重要なスキル

・15個中、3個以上言葉を多用する人はコミュ障の可能性あり

・話すのが苦手、人と接することが苦手でも、他のコミュニケーション手段だってある

ぼくの友だちにもコミュ障が多いですけど、みんな元気にやってます^^


twitter毎日更新しています。こちらもぜひ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です