ミラクリ

鬱から成功するブログ

堀江貴文氏も笹井氏自殺に言及:「罪を憎んで人も憎む」社会は恐ろしい!

スポンサーリンク

 

理化学研究所の副センター長で「STAP細胞」論文の著者の1人、笹井芳樹氏が遺書を残して8月5日に自殺されました。

こういった悲しい時事ニュースはブログで取り上げてこなかったのですが、その背景にある「イジメ」に関して意見を述べる人が多くいました。

 

ここまでの経緯はこちら。

外部リンク:STAP細胞「小保方論文」の画像疑惑の真相とその行方 – NAVER まとめ.

 

当初は世紀の大発見として注目されたSTAP細胞ですが、結果的には人の死を招くほどの大きな騒動になってしまいましたが、笹井芳樹氏の自殺には社会的なイジメが大きく関係しています。

 

「自殺するなんて無責任!」という意見も散見されましたが、その考え方はかなり甘いです。

 

堀江貴文氏:「あの袋叩き状態は経験してみないとわからない」

俗にいう「ライブドア事件」で世間からまさに袋叩きにあったホリエモンこと「堀江貴文」氏も、自身の経験から笹井芳樹氏の自殺に理解を示しています。堀江氏は笹井氏自殺のニュースを受けて「精神力弱いとやっちゃうよね」とTwitterに投稿しました。

 

 

ぼくは世間から袋叩きにあったことはありませんが、イジメられた経験は何度も有ります。

だからこそ規模は違えど「皆が敵に見える」状況というのは体験として理解しています。

 

ちきりん氏:「いじめに「みんなやってるから」で参加する人は、相手の立場を想像する力が無い」

「ちきりん」さんもこの事件には注目しているようで、ぼくのつぶやきをきっかけにして、イジメに関する持論を述べています。

 

 

SNSの拡散力は非常時のインフラにもなり得る反面、人々を誤った方向にも向かわせる両刃の剣です。

誰かが誰かに石を投げていると「オレも!オレも!」とばかりに参加して、結果的に何百個、何万個の石が投げられるケースがあります。

 

いじめ

 

事件の原因を究明することと、叩くことが混同されている社会は怖い

「罪を憎んで人を憎まず」という 言葉がありますが、最近の社会派「罪を憎んで人も憎む」ケースが多いように感じます。

 

STAP細胞の疑惑については明白で今後も解明する余地があるでしょう。

実際に小保方氏も反証となるアクションがほとんど出来ず、ついに論文を取り下げることにしました。 過去の研究論文でもコピペ疑惑が発覚し、研究者として、いや大人としてのモラルは見直すべき点があります。

 

ただSTAP細胞の事件をキッカケにして、小保方氏の画像を使用したコラが出回ったり、おもしろ画像に加工されて拡散しています。そしてどこで調べたのか分からない人格否定や、ひどい人になると陰謀論を持ち出す人までいて大変な騒ぎです。

 

罪を犯した = 叩いてOK

ではないのです。

今回の件で言えば、叩くべきは不正疑惑であって人格ではないはずなのに、知らず知らず他人の人格を勝手に評価してしまうことは本当に恐ろしいことです。

 

さきほどのぼくのつぶやきでも紹介しましたが、8月6日の夕方のニュースでは「何が彼をそこまで追い詰めたのか?」と真面目に特集しており、背筋がゾッとしました。

 

小さな力が結集すれば巨大な力になることを理解しよう

その放送局やその番組が、過去にSTAP細胞関連のニュースでどのような姿勢を取っていたのかは分からないので、安易に「マスゴミ!」と批判はしません。しかし、この結末に向かわせたことには責任の一端があります。

こんな事件もありました。

外部リンク:ブログ炎上の岩手県議自殺!TVワイドショーの一斉報道が引き金? – ライブドアニュース.

 

一番怖いことは、マスメディアの中の人たちは笹井氏の自殺に対して「何が彼をそこまで追い詰めたのか?」と特集できてしまうほど、自分たちの影響力に対してあまりにも無知なことです。  そして「オレはフォロワー少ないし、影響力もないから」と人を叩いていると、それが拡散されて巨大な力になることも、もう一度認識するべきです。

 

これは本当に他人ごとではない。

 

今回のミラクリ:未来へのヒント

・笹井芳樹氏の自殺は他人ごとではない

・自分一人の力は小さくても、それが集まると巨大な力になる

・無意識に誰かを叩くことはせず、「罪を憎んで人を憎まず」を徹底しよう

怖すぎる。もう一度再認識を!

 - 人間関係

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

イジメ
「イジメられる人間にも問題がある」は強者の理論
たった1つだよ…。「いつも機嫌がいい人」でいるための極意は。
たった1つだよ…。「いつも機嫌がいい人」になるための極意は。

    ちょっといくつか仕事で大変なことがありました。 普段は「我を忘れて怒る」ことが、そんなにはありませんが、正確のベースが”かんしゃく持 …

DSC01449
「目には目を、歯には歯を」の意味を知ると、少しだけ優しくなれる。

  心ない言葉を浴びせられて傷ついたとき、咄嗟に相手を殴り返そうと思った。でも「目には目を、歯には歯を」の本当の意味が”やられたらやり返せ”ではないこ …

猫
【謙遜・謙虚・卑下の違い】褒められたときは「ありがとうございます」でOK

一流の人たちを追いかけたドキュメンタリー番組を見ていると、あることに気づきます。 彼らは謙遜をしない。 謙遜はしないけど、謙虚であるということです。 ぼくは今ま …

baby
「集団に馴染めない人」が生きていく方法

集団に馴染めないのは、結構なビハインドですよね。 みんなと一緒にいるのに孤独を感じる習性があったり、群れとは違う方向に歩くクセがあると、人と衝突することも多いで …

相槌
【大人になれ!】現実的な人への3つの対処法
うつ病
「人の縁」をつなぐ点と線

    それなりに長く仕事をしていると「人の縁」について深く考えさせられることがあります。 どうしても人間は忙しない生き物でして、すぐに自分 …

nanpa
ナンパ師が教えてくれた仕事を成功させる秘訣

夏の風物詩と言えば海水浴! ということで海に行ってきました。 泳いだり、日焼けをしたり、かき氷を食べるのも大好きですが、ぼくには「ナンパ観察」という趣味があるん …

嫌い
「嫌われる勇気」を教えてくれた秋元康氏の名言

  秋元康氏の言葉に触れて、「嫌われる勇気」という言葉を思い出しました。   嫌われる勇気とは「嫌われてやろう!」と思うことではなく、成果を …

ダウンロード
Facebook断食(6ヶ月)で起こった4つの変化

  Facebook断ちをしてもう半年ぐらいになりました。 昨日たまたまページを開くことがあって、最後の投稿を見てみると「2013年10月」が最後。自 …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です