ミラクリ

人生をより豊かにするブログ

暇な女子大生は俺たちだけのアイドルではなくなっただけだ!

スポンサーリンク

 

以前に暇だから「暇な女子大生が馬鹿なことをやってみるブログ」に全力で嫉妬してみる.という記事で全力で自分の嫉妬心を表明しました。

暇な女子大生が馬鹿なことをやってみるブログ.」でお馴染みの「暇な女子大生(佐田清澄)」さんが最近はDisられているようです。

 

暇な女子大生はもうオワコン | BLOG HOMME.

 

暇な女子大生はもうオワコン.

 

はてなブログで人気がでて、その後外の世界に一歩踏み出してからというもの、ネット界隈では話題の中心。

あんなにみんな大好きだったのになぜ??

ブログが人気出て、リアルな人とコラボしだしたり、イベントやっちゃったりするともう「オワコン」になるの?

世間って怖い・・・・

 

「はてブが集まらなくなった」とか「テイストが変わった」とか「有名人に取り入り過ぎ」とかがおおよそのキーワード。

でも世間的にはよくありがちなことなので、暇な女子大生にはこれからも頑張って欲しいです。

 

暇な女子大生:気にすること無いんじゃね?

人生の中で彼女ほど脚光を浴びたこともなく(嫉妬)、

SNS上で「本物はかわいい」と言われることもなく(劣等)、

人気がで過ぎてイベントをやっちゃうようなこともなく(失望)、

ブログの規模も比べ物にならない(予想)、

そして暇な女子大生と全く面識のない(願望)

ぼくの正直な感想を言うと

「別に気にすること無いんじゃね??」

って感じです。

 

だって相変わらず面白いし。

「変わった」とか言うのがよく分からない。その時々で彼女にとって旬なネタを書いてるだけだと思う。

「ライターとしての基本的なスキルがなってない」とか言ってる人も見かけたけど、実際フリーライターとして外部の仕事も受けてるんだから別にいいやん。

女子大生(実際には卒業済み)ぐらいの年齢で人間できてても怖いよw

 

インディーズバンドがメジャーデビューすると「変わった」と言われる

ぼくはインディーズバンドに目をつける癖があって、コアなバンドを見つけては一人で盛り上がり、たまに出会う同じ趣味の人とキャッキャッしてきたのですが、インディーズバンドがメジャーデビューするとファンから必ず言われる台詞があります。それは

「アイツらは変わった!」

で、それは音楽性、ビジュアル、テイスト、全てを含めて言われてしまいます。

 

当たり前だけど、インディーズというクローズドな世界からメジャーデビューすると全てが変わります。

商業的に多額の経費を投入するので、作品はインディーズ時代よりももっともっと売らなきゃいけないから、作品のテイストから外見に至るまで、全てを見直す必要があるのです。それはより多くの人に受け入れられるための準備です。

 

するとどうでしょうか。

初期からファンだった人たちからすると

「アイツらの音楽は変わった」

「金儲けに走った」

「ポップ路線になった」

と思われてしまいますが、やっと到達した今までとは違うステージに「順応」しただけなのです。

より広い層にリーチするようになったら戦略が変わるのも当然なので、古くからのファンは離れ、新しいファンを獲得する。ただそれだけのことです。

 

詳しくないですけど、AKBだって秋葉原の地下アイドル的な時と、メジャーになった時でファン層は絶対に変わってるはずですよ。

はてなブログの人気者からインターネット上の人気者へ。そしてリアルな人気者へとフィールドを変えている過程ではターゲットが変わるのも当然です。

 

相変わらず人気すぎて嫉妬する

暇な女子大生のご厚意(好意?)で今はTwitterが相互フォロー関係になるのですが、ちょっと前までは彼女のフォロワーは千数百人ぐらいでぼくより少なかったから、

「ケッ。ブログでは大人気の暇な女子大生もTwitterでは俺に敵わないなw」

なんて思ってたのに、今や・・・・・・・

暇な女子大生

引用:暇な女子大生(佐田清澄) (sada_freejd29) Twitter.

 

6,000人超えてるやんけ!!!!!

この3ヶ月間で何があったんや!逆に教えて欲しい!

ぐるなびも記事もヒットしてるみたいだし、やっぱイイ仕事してるやん。

 

そしてまたイベントもやるらしい・・・・w

 

彼女だって悩んでるんだぞ。ホラ・・・

 

はてブなんかをきっかけにしてバズると確かに嬉しいですが、長期的なサイト運営としてはあまり意味がありません。

それよりも固定読者を獲得したり、SNSや検索流入の土台をしっかりと作って、自分を観察対象にしてもらう努力が大事です。

 

周囲の声に惑わされずに、目の前にあることに熱中して欲しいと思います。

 

今回のミラクリ:未来へのヒント

・オワコンとか言われ出したら、新しい層にリーチする飛躍の時

・環境が変われば、その環境に順応するのは当然のこと

・周囲の声に惑わされずに、目の前のことに熱中することが大事

 - 考え方

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

本田圭佑:プロフェッショナル仕事の流儀:凡人が世界一を目指すこと

  サッカー日本代表でACミラン所属の本田圭佑選手が「プロフェッショナル仕事の流儀」に出演されていました。 そこで語ったイタリア移籍の裏側や、苦難の中 …

【WEB集客の専門家】染谷昌利さんのコンサルを受けたら、ブログの全てが変わった

ぼくは、このブログのおかげで人生が変わりました。 「人生が変わった」なんて大層に聞こえるかもしれませんが、このブログを通じて人と出会い、仕事にもつながり、それで …

元受刑者ブロガー「イノシシさん」にお会いしたら、熱い人すぎて火傷したよ。

  「人に会いたいときには、相手に対するメリットを提示できなきゃだめだよ!」 そんな「クレクレ詐欺」というテーマで記事を書いておきながら、自分が詐欺を …

「マニュアル通りにやれば人生は変わる」 nanapi古川健介氏の話がヒント満載!

  引用元:YouTube.   たまたま目にした動画でとても面白い話がありました。 先日KDDIに会社を買収された「nanapi」を運営す …

チームラボ:猪子寿之の極論(前編) クリエイティブは特別な才能ではない!

  番組名:TOKYO DESIGNERS WEEK 放送局:日本テレビ 司会:茂木健一郎(@kenichiromogi)、清川あさみ(HP) ゲスト …

「自分探し」の旅から脱出せよ(前編)|紀里谷和明、蜷川実花

  「自分探し」という言葉が流行しています。「自分らしく」あるために「本来の自分を探す」というもので、自分はそこに存在するのに「別の自分を探す」という …

鬱を打ち明けるのは恥ずかしいこと?ぼくがうつ病経験をオープンにする理由

うつ病を打ち明けるのは、とても勇気がいることです。 メンタルを病んでしまったことを恥ずかしく思い、家族や恋人にさえ告白できないかもしれません。 でも、ぼくはうつ …

「批判と向き合えない人は視野が狭い」とか、マジで言ってんの!?

    「批判との向き合い方」に苦しんでいる人が多いようです。 ここ2日ぐらいで「批判されること」についてリアルの知人から相談を受けたり、T …

成功者は努力してる? 為末大氏が考える「天才を諦める」ということ

  いつも心に刺さるツイートを発信される為末大さんが、また興味深いことをつぶやいていました。 社会的に成功してる人や、何かで結果を出してる人を見た時に …

「自分が勝てる場所を選べ!」林修氏が同期の東大生とは勝負しなかった理由が興味深い!

  「いつやるの?今でしょ!」で有名な東進ハイスクールの人気講師「林修」さん。 今のように予備校講師としてはもちろん、タレントとして人気になるまでには …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です