ミラクリ

鬱から成功するブログ

とにかく行動する人と、立ち止まる人のちがい。

 

とにかく行動する人と、立ち止まる人のちがい。

 

仕事の相談メッセージを頂いたり、お会いした人に話を聞いていると、こんなことを聞く。

 

「小規模ながら読書会をやっています…」

「10程度ですが、サークルを作っています…」

 

決して「ドヤァ!」という態度ではなく、かなり恐縮した様子で話してくれることが多い。

 

いや、十分すごい…。

ぼくはそれほど人を集められるかは分からないし、たとえ数人〜10人程度であっても、人に声をかけて「場を仕切る」ことはとても大変だ。

 

メンドーだ、という理由で敬遠されがちな「飲み会の幹事」でも、経験した人とそうではない人には、相手の気持ちを察する能力に大きな差がついてくる。(ちなみに飲み会で何かと文句をつける人、参加・不参加の返事をなかなかしない人は、きまって幹事経験のない人だ。)

参考:リーダーシップを最短・最速で身につけるための ”アレ”

 

規模とか、成功・失敗はあまり関係ない。

たとえ小規模であろうが、失敗しようが、まず行動してカタチにできる人は何かを掴み、その後のトライアンドエラーに役立てる。

 

とにかく行動する人と、立ち止まる人のちがいは、何なのだろうか?

スポンサーリンク

すぐに走りだす人

とくに経営者層に多いが、思いついたアイディアを形にするために、バンバン行動する人がいる。

 

後に続く者には迷惑かもしれない。

でも、人の分まで責任を負っている人に立ち止まる時間はない。

 

すぐに走り出すことで、競合を出し抜いたり、先駆者の道を確保する。

参考:「頭の良い、行動力のあるリーダー」ではなく、「楽しいバカ」に人はついていく。

 

論理よりも直感

すぐに行動する人は、論理よりも直感を重視する。

では、論理を疎かにしているか?といえばそうではなく、論理を後づけしているだけだ。

 

楽しそう!

できそう!

成功しそう!

人の役に立ちそう!

 

論理や根拠はなく、あくまで衝動に従っているだけだ。

 

あの人は思いつきが多い… 朝令暮改だ…

会社の社長がそう言われやすいのは、思い立ったらすぐに行動しているからだ。

 

行動している内に、自分の中で論理が確立され、やっと人に説明できる言葉になる。

ぼくも会社員時代は経営層に「説明がない…」などと不満を持ったものだが、自分が独立してみると気持ちが分かるようになった…。

 

もちろん適切に説明することは大事だ(笑)

参考:なぜ経営者の考えは朝令暮改なのか?

 

 

手足が止まる人

では逆に、すぐに手足が縮こまり、立ち止まってしまう人はどうなのか?

「失敗を恐れている」の一言でまとめてしまうのは、あまりにも身も蓋もない…。

 

なかなか行動できない…。

行動する手前で時間をかけすぎる…。

 

そんな悩みを相談されることが多いが、行動できない人のパターンはだいたい決まっている。

 

よく言われることだが、セミナーに参加したり、本を読んですぐに行動する人は全体のわずか数パーセントだと言われる。そして更に、継続できる人はその中の数パーセントらしいが、これは感覚的にも納得できる。

参考:自信なんか必要ないし、むしろ無い方がいい。

 

根拠にとらわれすぎる

失敗を恐れる原因は、「根拠にとらわれすぎること」にある。

 

成功する根拠はあるのか?

失敗するとしたら、どうなるのか?

この仕事で食っていけるのか?

 

ビジネスであれば、事前の計画や損益計算も必要だ。

でも最終的には「やってみなきゃ分からない」という事実にぶち当たるのだから、サクッと計画してサクッと行動したほうがいい。

 

実際にところ、行動する前に「根拠」を算出しても何も意味はない。

走り出したら計画とは全然違う次元に突入し、予想外のアクシデント、計算外の支出など、数多くのことにぶち当たる。

 

乱暴な言い方をすれば、「事前の計画なんか、クソの役にも立たない」と本気で思わされる。

参考:「独立起業したら、お金と失敗への不安はありますか?」 いや、あるある。

 

 

理念・思想・意義はいつも後づけ

メディアを見ると、立派な企業理念があり、すばらしい個人の思想がある。

しかし、最初からその理念・思想を持ってスタートしたかといえば、答えはNoだ。

 

ビジネスをしながら、走りながら徐々に言葉になったものをまとめ、それが今の理念・思想につながっている。

 

勤めている会社が、いきなり「社会貢献」などの理念を打ち出していませんか?

プロジェクトの意義が、中盤ぐらいで言い渡されたりしていませんか?

 

そう、理念・思想・意義はいつも後づけ。

 

最初から全てを言葉にしようと考えるほど動けない。

動く前には材料があまりにも少なすぎるからだ。

 

言葉にする前にサクッと動く。

行動する前からすべてを言語化できたとすれば、「やらない選択をするための根拠」が増えるばかりだ。

参考:「諦めること」は前向きなプロセス。 苦行を手放し、勝てるフィールドへと移動すること。

 

ミラクリから一言

ちゃっちゃとやりましょう!

 - キャリア

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

「”受け身”ではなく、主体的に仕事をしたらどう?」と言われて決意したこと。

    仕事とからめて、2泊3日で沖縄に行ってきた。 人生初の沖縄で得た出会いは、仕事の得意先、現地の方々、立ち寄ったカフェの店主など、非常 …

「結果などもはや重要ではない」と思える自分の居場所:ベストセラー作家が暗闇から脱出した話が興味深い!

    「食べて、祈って、恋をして」という映画化された有名な本があります。 この本は仕事や離婚で悩んだ女性が世界を旅して、徐々に自分を取り戻 …

無職の人に「なぜ仕事をしたいのか?」と質問したら、回答がとにかくスゴかった。

    フリーランスとして独立する前、働いていた会社で面接担当をしていたときの話。   「とにかくユニークな経歴をもつ人材を採れっ …

脳を快楽状態に! 脳科学者:中野信子氏が教える「結果」よりも「プロセス」の大切さがスゴかった!

  脳科学者「中野信子」さんのお話が衝撃的だったので紹介します。 何か目標がある場合は「結果」よりも「プロセス」に着目した方が、自分でも信じられないぐ …

「臆病と強さは相反しない」バガボンド:伊藤一刀斎の名言が突き刺さる!

  今年に会った人たちの中には、底抜けに明るい人たちが何人かいました。 元々明るい性格、いわゆる「根明(ネアカ)」な人ではなく、崖っぷちにいた経験がそ …

「己の信念を貫けなかった男など惨め」るろうに剣心:斎藤一の名言に感じたこと

  約10年ぶりぐらいに漫画のるろうに剣心を読み返してるんだけど、熱心に読んでいた当時と今では、とらえどころが全く変わっていて驚きました。。 &nbs …

なぜ人は「問い」を持つと可能性が広がり、「答え」を知ると立ち止まるのか。

    ぼくはフリーランスで、ライター業をメインに仕事をしています。いまは毎朝5時に起きて、一日合計で3万文字の原稿を12〜15時間ほどかけ …

【仕事に疲れたときの7つの対処法】辞めたい、休みたいと思ったらとにかく実践

仕事に疲れた… 会社に行きたくない…。 そんなときはありませんか? 仕事のストレスを抱えている時期は、人生そのものが辛いですよね。 まずゆっくりと心身を休めてか …

「神は細部に宿る」はマジ!嘘だと言うなら「スリッパの法則(藤野英人)」を読め!
【イマドキの新入社員の実態】すぐに会社を辞めてしまう新卒との付き合い方

「新入社員との付き合い方」については、いつも悩みますよね。 先輩社員は、自分がしてもらった教育をそのまま新入社員にも当てはめがちですが、若者の意識は時代とともに …

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です