ミラクリ

鬱から成功するブログ

家族から見た「うつ病の実態」と「看病疲れ」でストレスを溜めない方法

うつ病はなった本人だけではなく、家族も苦しい思いをする病です。

ぼくがうつ病を患ったときも、家族にはずいぶん迷惑をかけました。

うつ病の予防と対策についてはいろんな情報が出回っていますが、いざそのときが来たらセオリー通りに対応できるのでしょうか?

今回は家族の立場から見たうつ病のリ実態と、看病疲れにならないための方法を紹介します。

スポンサーリンク

家族から見たうつ病の実態とは?

うつ病患者を見守る家族には、どのような苦労があるのでしょうか?

また、一般的に言われている予防と対策は実践できたのでしょうか?

ぼくの妻に聞いてみました。

鬱のサインに気づくのは困難

「うつ病は早期発見が大事と言われていますが、その兆候に気づくのはかなり困難です。『ちょっと調子が悪いかも?』とは感じましたが、それがうつ病とは結びつきませんでした」

うつ病のサインに気づき、早めに対策するのは実際のところ難しかったようです。

ぼくと妻の家系にはうつ病経験者がいなかったため、体調不良やメンタルの不調がうつ病とはリンクしなかったんですよね。

「体調はすぐに良くなるだろう」ぐらいに思っていましたが、それは大きな間違いでした。

以下の記事は、ぼくが作ったストレス診断のチェックリストです。心身のメンテナンスに活用してください。

家族と言えど接し方が難しい

「療養中の接し方は本当に難しかった。励ましてもダメだし、怒るのもNG。かと言って『そのままで良いんだよ』と言って逆鱗に触れることもあるので、その日の顔色を見ながら対応を変えていました」

うつ病で療養しているときの接し方は本当に難しいと思います。

気分の浮き沈みが激しく、すぐにネガティブな状態になってしまうことも。

怒らず、励まさず、共感をベースにした接し方を根気強く続けていく必要があります。

看病疲れでストレスが溜まる

「看病疲れで気分が滅入ることもありました。私自身もストレスを溜めてしまい、あなたの言葉に傷ついたり、怒りが湧いてくることも。ストレスをうまく解消しなければ、看病している人も体を壊してしまいます」

ぼくが自宅療養をしていた2〜3ヶ月の間、妻は体調を崩さずによく看病してくれたと思います。

ただ、いま思い返せばしんどそうにしているときもありましたので、精神力でなんとか気持ちをつないでいたのでしょう。

ぼくの体調が良いときは妻1人で外出したり、友人とランチに行っていましたが、それが一種のストレス解消になっていたようです。

ときにはひどいセリフを言われるかもしれませんが、根気強く接してあげてください。

離婚の可能性が頭をよぎる

「あなたの体調が悪いときは、『お前のせいだ』『体調が一向に良くならないじゃないか』みたいに言われることもあり、あまりにも感情的なときは一瞬だけ離婚がよぎったこともありました」

体調が悪いときは、たしかにひどいことを何度も言いましたので、よく我慢してくれたと思います。

鬱の影響で感情的になっていただけで、本心ではなかったんです。

ぼくも熱心にサポートしてくれた家族に対して、「やり方が悪い」「一向に回復しないじゃないか」といったひどい言葉を投げつけてしまい、後悔したことは一度や二度ではありません。

感情的な言葉は本心ではありませんが、真に受けすぎると心が持ちませんので、ときには聞き流すことも必要です。

繰り返しになりますが、厳しい言葉は決して本心ではありません。

引用元:家族がうつ病と診断された後にやるべきサポートとは?

こればかりは元気になった今から償っていくしかありませんが、当時は本当に申し訳ないことをしたと思っています。

離婚にならなくて良かった……。

再発の不安はなくならない

「うつ病の再発については、いつも注意を払っています。あなたが不調を訴えたときにゾッとすることもありますが、この不安とは今後も付き合っていくしかないと思います」

再発防止についてはぼく自身もかなり注意を払っており、今でも対策を続けています。

それでも再発の兆候を感じることがありますので、一生付き合っていくしかないんでしょうね。

家族に迷惑をかけないためにぼくができることは、鬱の予防をこれからも継続することです。

family

看病疲れでストレスを溜めない方法

看病をする家族がストレスを溜めないようにするには、どのような対策が有効なのでしょうか?

妻がどのような点に気をつけていたのか聞いてみました。

自分だけで悩まず、医師や友人の力を借りること

家族がうつ病になると、どうしても自分ひとりで悩んでしまいがち。

精神疾患というだけで、「誰かに頼る = 迷惑をかける」と思ってしまうからです。

しかし、うつ病の克服には周囲の協力が必要不可欠。

家族だけでは抱えきれない辛いことがたくさんありますので、まずは医師などの専門家や友人の力を借りてください。

とくに医師の話を聞くだけで、治療の方向性が見えてくるはずです。

厳しい言葉はうまく受け流すこと

厳しい言葉はできるだけ受け流してください。

今までに経験がないような罵倒が飛んできたとしたら、それは明らかに自分を見失っている証拠であり、本心ではありません。

生真面目な人ほど傷つくかもしれませんが、全てを真に受けていたら自分の身が持ちませんよ。

うつ病は脳の誤作動」であり、自分を制御できなくなるのです。

原因探し・叱咤激励をし過ぎないこと

回復を焦るあまり、うつ病の原因探しに躍起になることがあると思います。

また、なかなか回復しないうつ病患者を見て、叱咤激励したくなるときもあるでしょう。

しかし、うつ病は根気強い治療が必要な病ですから、先を急ぐのは逆効果です。

患者本人へのプレッシャーにもなりますので、できるだけ心地いい空間を作ることを心がけてください。

治療に集中するためには不安材料を解決すること

鬱になると、いろんな心配事にぶちあたりますよね。

お金のこと、仕事のこと、いろんな不安が頭をよぎると思います。

悩みがあっては治療が遅れてしまいますので、不安点は早めに解消しておきましょう。

お金の問題:傷病手当金・労災について学ぶ

うつ病で仕事ができなくなったら、どのようにして生活費を工面すれば良いのでしょうか?

受給条件さえ満たしていれば、健康保険の傷病手当金や、労災保険の休業補償をもらえる可能性がありますよ。

これらを併用することはできませんが、給与のおおよそ67〜80%が支給されますので、生活費は十分にまかなえるでしょう。

以下の記事で詳しく解説しています。

鬱をすぐに克服して転職する意欲があるなら、失業保険をもらう選択肢もあります。

社会復帰の問題:転職・働き方の選択肢を知っておく

うつ病が完治したら、仕事はどうしますか?

休職していた会社に復職するのか、それとも転職するのか、いろんな選択肢がありますよ。

ぼくはうつ病が判明した3週間後に会社を辞めて、療養した後にフリーランスとして独立しました。

社会復帰への道は1つではありません。

心配事が解決できれば、あとはうつ病克服に向かって集中するのみ。

家族で力を合わせて治療していきましょう。

くれぐれも看病疲れには注意してくださいね。

ミラクリから一言

根気強く見守ってくれた家族には感謝しかありません。

 - うつ病とは

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

「うつ病」に苦しむ友だちへ:体さえ元気なら、また歩き出せる。
心と体を不調にするうつ病の症状

最近はなんとなく気分が落ち込んだ状態が続いただけで、「鬱(うつ)っぽい…」と表現する人を見かけるようになりました。 その人が本当に「うつ病」なのかは分かりません …

破天荒で、無茶なのに… 人に愛されるリーダーの特徴
「うつ病は心の風邪」の誤解。鬱の再発を防ぐために必要なこと

鬱という病を表現するときに、「うつ病は心の風邪」というフレーズがよく使われます。 症状が似ているわけでもないのに、なぜうつ病と風邪が似たものとして表現されるので …

iphone
誰にも言えないうつ病の悩みを聞いてもらえる無料相談窓口の紹介

うつ病になったときは、いろんな不安を抱えてしまいます。 うつ症状がひどいときは、いつもなら平気なことを重く捉えてしまったり、ネガティブなことを考えてしまうもの。 …

「”できない”と言うな。できる理由を考えろ」のキツさと、対処法。
うつ病の原因になるストレスを徹底解説

うつ病は心と身体に起こる病気であり、気分を変れば治るものではありません。 ぼくもいろんな方法で気分転換を試みたり、なんとかネガティブな思いを払拭しようと努力しま …

睡眠
うつ病のリスクを高める発達障害とは

うつ病は誰もがなりうる病ですが、とくに患うリスクの高い人がいます。 例えば、まじめで完璧主義、義務感が強いなど、うつ病になりやすい人には特徴的な気質があります。 …

「男女の友情は存在する?」なんて、考えたこともなかった。
【うつ病を放置するリスク】症状が現れたら早期の予防と対策を

うつ病の放置には、かなり大きなリスクが伴います。 ただ、経験したことがない人にとって、どのような症状に鬱のサインがあるのか、どのように対処すれば良いのかはわかり …

これが鬱病だ!14個の症状をチェックして早期治療を。
うつ病とは誰にでも起こりうる心と身体の病気

「うつ病」という言葉は、一昔前に比べると多くの人に認知され、対策や予防の重要性が広く伝えられるようになりました。 しかし、ぼくがうつ病になって気づいたのは、うつ …

baby
うつ病になりやすい性格、気質とは?まじめで完璧主義な人は要注意

うつ病は、いくつかのストレスが重なって発症するメンタルの病気です。 ストレスは、特別な出来事やつらい経験にだけ生じるのではなく、何気ない日常でも感じるもの。未経 …