ミラクリ

鬱から成功するブログ

「妥協の恋」はうまくいかない

新しいカメラを買いました。いまだにメーカーや機種の知識ゼロなんですけど、寝るとき以外、いつも首からぶら下げる勢いで使い倒してます。

はぁぁぁ、本当に買ってよかった。

スポンサーリンク


カメラは本体とレンズをあわせて、中古で7万円くらい。なかなかの出費ですよね。しかもぼくにはカメラの知識も、中古市場の相場感もない。そんな丸裸の状態でネット注文するなんて、おかしいかもしれませんし、実際おかしいのだと思います。

でも、ぼくなりの根拠というか、損をしない確信があったんです。

同じカメラを手に入れてから、何かに取り憑かれたように写真にハマった女性と、「このカメラを持つとな、写真がうまくなったような気がして最高なんや」と言った男性。彼らの表情と、熟成肉を食べながら彼らだけが共有していたあの空気感。それだけで十分でした。

ネット注文の翌日、本体とカメラが別々に届き、すぐに組み立て撮影を始めました。未だに説明書は読んでいません。

olympuscamera

このカメラを手に入れてから、目につくもの全てを切り取っています。写真撮影のスキルや知識なんかありませんが、ただ楽しい。今まで持っていた一眼レフよりも、被写体を立体的にとらえて、目にした風景よりも美しく保存してくれる、そんな感じです。こうして写真に収めてみると、ぼくの目は解像度が低いんだって、ちょっと寂しい気持ちになったり。

7万円の出費にビビって、「彼らが使っているカメラじゃなくなるけど、もうちょっと安いのを買うか・・・」にしていたら、ここまでの感動は無かったでしょうし、ここまでハマることもなかったんでしょうね。

痛い出費のようで、実はずっとズキズキしていた痛みが和らいだ感覚になりました。

話は変わるんですけど、ぼくは「スニーカーはNIKE」って決めてるんです。これまでの人生で軽く500足以上のスニーカーを履いてきまして、当然ながらNIKE以外のメーカーにも手を出しましたが、15年くらいの月日をかけてNIKEに戻ってきました。

スニーカーは機能、デザイン性、そして使用するシーンによって選ぶものが変わり、人それぞれの基準が無数にあると思います。でも、ぼくはどんなシーンであってもNIKEを履きたい。

ハッキリ言って機能性とか、コスパとか、そんなものは度外視ですよね。あのスウォッシュ(NIKEのマーク)に足を通すだけで、テンションが上がるんです。伝説のNBA選手「マイケル・ジョーダン」がジャンプしているマークを見るだけで、背筋がピンと伸びるんです。

nikesneaker

これは毎日通っているジム用に買ったもの。写真は新しいカメラで撮りました。

うん、やっぱりNIKEがいい(写真もいい)。他のメーカーが嫌いなのではなく、ただNIKEが好きすぎる。この靴を履いてジムに行くだけで、苦しいトレーニングも頑張れるような気がして、実際頑張れるようになりました。

カメラとスニーカーに教えてもらったことは、「好き」に忠実でいることの尊さです。

そして「妥協の恋はいつもうまくいかない」ってこと。あまり下調べせずに、口コミをサクッと調べただけのお店でガッカリしたことないですか? コスパ重視で購入したものと上手に付き合えなかった経験はないですか?

それなら好きなものに忠実に。

どうせ妥協の恋はうまくいかないのだから。

ミラクリから一言

スマホよりもカメラを見る回数の方が多いです。

 - 小林敏徳のコラム

記事下アドセンス

記事下アドセンス

RELATED ENTRY

-関連記事-

「怒ってもらえたことに感謝」は社交辞令で、本当はトラウマでしかなかった

ある方から「怒ってもらえたことに感謝している」という話を聞きました。 この手の話はよく聞くわけですが、あらためてすごいなと思った次第です。 ぼくは「怒られたこと …

怒りが憎しみに変わったとき、気持ちを落ち着かせる秘訣があった

「怒髪天」 今から3日前、ひさしぶりに腹が立つことがあり、半日ほどのたうち回っていました。 イヤなもんですね、怒りって。 「幸いなことに」とでも言うべきか、ぼく …

「帰る場所がある」って、うらやましい。

  「生まれ育った地元」がある人のことを、うらやましく感じるんです。   ぼくは親の仕事の都合で、山口県で生まれて、長野県で育ちました。中学 …

「止めるべきか、続けるべきか」の答えがある場所
イジメにあったら、逃げるしかないらしい。

  「もしイジメにあったら、環境を変えよう。」   ぼくの過去の経験から、イジメ相談をしてくる人には、そうアドバイスしています。 &nbsp …

「私はこれに賭けている」という姿勢から、熱さが生まれる
「とにかくやってみる」の希少価値
「イライラ」という吹き出物
「変わってる人」の法則と3つの特徴

ついに「変わってる人」の法則を発見したんです。 「ぼくは変わってるんですよ〜」という自称変人は、かなりの確率で普通だったりしますよね。 昔は、常識にあてはまらな …

頼むから、自信を持ってくれ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です